「2001年から2002年へ」

 21世紀が幕を開けて1年が過ぎた。さまざまな出来事があったが、なかでも「アメリカ同時多発テロ事件」

の衝撃は強く、鮮明な残像が脳裏に焼き付いたまま新しい年を迎えた。

 事件後の9月12日、テレビから世界貿易センタービル崩壊の映像が流され続けるなか、ふと、窓の外を見

ると1頭のサルの姿が目にはいった。ハナレザルと思われるそのサルは、畑の脇に座り込んで、棄てられてい

たトウモロコシを拾って食べていた。普段なら「困った奴だ!」と思うのだが、この日は不思議なくらいその

気持ちにならなかった。テレビの中のあまりにも凄まじいビル崩壊の映像を見続け、サルがトウモロコシを食

べているだけの一コマがこの上もない平和的な風景に映った。脇野沢村で14年を過ごしたが、テレビの「風景」

と窓枠の「風景」にこれほどの現実格差を感じたことは、ただの一度もなかった。

 2001年はサルやカモシカたちにも変化があった。長く観察していた群れの最長老のメスザル「ツツジ」が

死亡した。牛ノ首地域の主的な存在だった「ムラサキ」と名付けていたメスの二ホンカモシカも死亡した。また、

「つがいの関係」を持っていたオスの「ゲンジ」も同時期に姿を消した。私たち人間社会では「友引」という

言葉があるが、まさかそれに沿ったわけではないだろうが、すでに新しいオスが生活の場としている。しかし

また、新しい歴史もはじまっている。ツツジの最後の忘れ形見の「モミジ」がアカンボウを出産してツツジの

孫を誕生させた。ムラサキの最後のこども「ミドリ」も、母親がいなくなったにも関わらず逞しく生き続け

ている。ちょっと視点の違うところでは、人家侵入を繰り返していたオスザルの「ゴンズイ」に「お仕置き放獣」

が実施された。結果は、私たちが願ったものとは違う方向に働き「隔離収容」せざるを得ない状況になったが、

以後、人家侵入は沈静化した。人家侵入については別のサルも関わっていたはずなのだが、ゴンズイが他の

サルに及ぼす影響力が想像以上に大きかったことの証明にもなり、予期せぬ成果にもなった。

 同じ1年間の中でそれぞれの世界でのそれぞれの出来事があった。ただ、前述したように、テレビの風景

と窓枠の風景の格差が広がり、同じ地球上、同じ時間・空間で起きている出来事とは思えない事柄が多くな

った。私たちの考え方が時代と共に変化していることもあると思う。生活環境が快適になればなるほど、

私たちが自然から乖離することにもなろう。私自身、こうやって、サルの姿が見える窓の脇でパソコンを駆使し、

ホームページに情報発信しているのだ。私たちが生活環境を整え、道具を使えば使うほど、森の中で生活し

ている「かれら」と距離が遠くなるのは、当然と言えば当然である。しかし、一旦、森の中に入って、かれら

と同じ時間・空間を持ち始めたら、私もかれらもなく、そこには森の懐に抱かれた「生き物」が存在しているだけである。

 2002年、 森の中で、どんな出会いがあるだろう。

いそやまたかゆき

 

写真説明:「ツツジ」と「ムラサキ」(右はミドリ)

もどる