北限に生きる・ツツジ物語。

「土に還る」

 再びツツジを保護せざるを得なかった。とは言うものの、人の手から餌を貰うと、

警戒心を薄れさせ、自分で餌を採る野生さを失うことが懸念される。また、餌付け

時代を経験しているツツジの場合は、群れに戻しても人を頼って人家付近に帰って

くる事が考えられる。さらに、以前から発生している人家に侵入する特定のサルと

混同され、人々の不安をかきたてることも考慮しなければならず、困惑のなか、時が過ぎた。

 3月13日、南から春の便りが聞かれるようになり、再びツツジを群れに戻すこ

とになった。オリに入れたまま、雪投げ用のソリにツツジを乗せて山の中腹まで運び

上げた。周りに仲間のサルの顔がちらほら見える。ツツジに反応はなく、オリを解放

しても出てこない。強引に追い立てると渋々歩きはじめた。が、仲間のサルのいる方

ではなく、私たちに向かってくる。私はツツジの両肩を掴んで押し止めた。ツツジも

力をこめる。ツツジの体温が手袋を通して伝わってくる。何度かやりとりしている

うちに、観念したかのように斜面を上り始めた。写真を撮ることさえ忘れ、ただ見送った。

あの後ろ姿は忘れない。

 ツツジが小尾根の上にたどり着いたとき、群れのサルたちは斜面に広がり、ササの葉

や冬芽を食べていた。雪の上に座り込んだツツジは、しばらくぼうっとし、失った時間

を取り戻しているかのようでもあった。若いサルが様子を見にきた。2才くらいのコドモ

も木の陰からのぞき見る。ツツジは反応しない。今度はスズランと名付けた、ツツジ

の孫にあたるメスザルがやってきた。しばらく見つめ合っていたが、ツツジが「ゴゥッ」

と一声を発した。瞬間、大丈夫かも知れない…、そんな気持ちになった。スズランは特に

反応もみせず斜面を降りていったが、ツツジは後を追うように斜面を下りはじめた。

足下がおぼつかず、途中、何度も滑り落ちたが、まもなく、サルたちが点在している

ササの中に姿を消した。

 3日後、ツツジは死亡した。春がそこまできているような暖かな日だった。ツツジは、

長年生活した、数々の思い出が埋まっている土に還っている。

終わり

いそやまたかゆき

もどる