今世紀最後のトピックス

「静寂のクリスマスツリー」

 十二月の声を聞くと、あちこちにジングルベルのメロディーが流れ、

デパートの玄関などには大きなクリスマスツリーが飾られる。賑やか

な雰囲気はいいが、何かと気ぜわしい気分にさせられる。

 ある冬の日、見事な風景に出会った。昨夜来の雪は下北の冬には

珍しく、風がともなわず、ひとつぶひとつぶが枝先にまでゆきわたり、

スギの林がクリスマスツリーになっていた。ジングルベルはもちろん、

潮の音も聞こえず、巷とは打って変わって静寂そのもの。時の流

れも消えそうで、油断すると吸い込まれうな雰囲気も醸し出している。

 ふ と、気配を感じた。ゆっくり見直すと、一頭のニホンカモシカ

が立っている。気がつかなかった。

双眼鏡で覗くと、口元は動いているが体や首は静止し

ている。はんすう中であろうが、まるで剥製。カメレオンの保護色は

有名だが、この光景はそれ以上。慣れない人なら見落としてしまうくらい風景に溶け込んでいる。

しばらく見入ってしまい、カメラを取り出すことも忘れていた。

 ようやく、自分の気持ちを取り戻して、三脚にカメラを据えてシャッターを切った

が、全然手応えを感じない。いままで、森の中の瞬間、瞬間を切り取

ってきた私には、未知の世界の不思議な体験だった。

 帰り道、ジングルベルを流しながらクリスマスセールを連呼している宣伝カーとすれ違った。

あまりのも大きな音だったので、カモシカ

の耳にも届いているかも知れないと想いながら、さっきのファインダーの

風景をイメージしてみた。が、やはり出来上がりに自信が持てなかった。

ところが、現像後の五枚のコマには、あの時の静寂のクリスマスツリー

が見事に再現されていた。森の中のふところは限りなく深い。

 

文責 いそやまたかゆき

2000.12

--------------------------------------------------
もどる