「沢の音(ね)」

 

 四季の中で、夏はニホンカモシカにとって一番難儀な季節であろう。

彼らは、氷河時代の生き残りとも言われ、気温の低い環境に適応する

体をもっている。長い体毛、熱い皮下脂肪はその証(あかし)。

 冬、寒風ふきすざぶ岩上にひたすた立ち続ける、いわゆる「寒立ち」

の姿はその象徴である。さっぱりした夏毛に衣替えをして、採食を涼し

い朝夕にすませ、気温が上がる昼間は涼しい木陰で昼寝というのが、

彼らの夏の過ごし方である。

 ある日、不思議な水音が耳に入った。サルたちの水遊びにしては変だ。

耳を澄ますと、不規則で重量感がある。正体の見当をつけて、ゆっくり

近づいて沢をのぞくと、予想どおり。一頭のカモシカが水の中を歩いていた。

ジャボン、チャッポン、時にドッポン…。お世辞にもきれいな音ではなく、

清涼感あるれる沢の風情を台無しにしている。間もなく、カモシカは立ち

止まり、動かなくなってしまった。身じろぎもせず、じっとしている。

本人は涼を求めているのだろうが、沢の音を楽しんでいるようにも見える。

そのうち、目を閉じ、立ったまま昼寝を始めた。トンボが舞ってきて、

何度も鼻先に止まったが、ピクリともしない。

 様子を見ているうちに私は不思議な感覚に陥った。どのくらいの時間が

経過したのかまるでわからなくなった。リズミカルな沢の音、たたずむ

カモシカ、さしこむ陽光…。すべてが一体化し、私の五感がなくなり、

時間が消えた。

 ふと気がつくと、ファインダーのなかにその光景が映し出されていた。

写真を生業とする者の性(さが)であろう。なかば無意識のまま、指先に

力を入れた。静寂が破れ、シャッター音が沢に響きわたった。

 心地よい風が頬をなで、沢の音が耳にもどり、私の五感がよみがえり、

そしてまた時が動き始めた。腕時計は一時間を刻んでいたが、カモシカは

ずっと哲学者のままだった。


文責 いそやまたゆき

2000.8

もどる