「誕生・ミレニアム」
「ニホンザルとの共生」

脇野沢村に移住して13年が経過した。ニホンザルとの付き合いも、同じ時間を費やしたことになる。

1964年、脇野沢村のひとつの群れが、絶滅の危機の為もあり、個体数保護目的の餌付けがなさ

れて久しい。以降、時間の経過とともに猿害が誘引され、「餌付け」の停止、「一部の群れ捕獲」、

「山への追い払い」、「電気柵設置による共生」という、保護の為の方策が変化しながら36年間続いてきた。

 このトピックスコーナーの「サルの住む村」でも経緯をまとめたが、去る5月19日、脇野沢村議

会の「サル被害対策特別委員会」で、新たに「捕獲」が決議された。6月6日の議会で最終判断を待

つことになるが、人とサルとの溝は、深い対立構図のまま方向転換しようとしている。まだ現段

階で最終的な結論にはならないものの、改めて、それぞれの立場の違いや温度差を感じざるを得ない。

 すぐ隣にすむ住人として、時には、地域住民と意思の疎通が図れていた時期もあった。しかし、

生息地である「山の変貌」による生活地域の変化は、人との軋轢を産みだし、自然界のバランス

を乱したまま、地域住民の反感を買う羽目にまでいたった。

 森の中で、悠々と過ごすかれらを見続け、人々との軋轢も目の当たりに見、何とか「共生」

の道筋を、と想いを込めながら、一枚いちまいシャッターを押し続けてきた。

森さえあれば、という言葉だけが空回りしている。

 もう一度、お互いの生活圏を確保し、それぞれの生活を取り戻すことは不可能になってしま

ったのだろうか。智恵ある私たち人間が出来ることは、もう何も残っていないのだろうか。

 

文責 いそやまたかゆき 2000/06/01

もどる