「ツツジ咲く頃」

春が、里から山々に広がった。みずみずしい新緑は目にまぶしく、ところどころに

咲くコブシや山桜の花が彩りを添える。

 いつものカモシカみちを歩いていた。道というほどのものではないが、よく踏み

固められ、結構歩きやすくなっている。しばらく行くと、1頭のカモシカとはち合

わせをした。いつも観察している馴染みのメスのカモシカで、両者が向かい合った

まま、かなりの時間が過ぎた。

 彼女は道を譲りそうもなく、仕方がないので私が道から外れて少し移動した。

すると、待っていたように彼女は歩きはじめ、ゆうゆうと目の前を通過した。

私は、慎重に間合いをとりながら、後ろについた。黙々と歩き、急峻な斜面も

ペースを落とさずどんどん登るが、こちらはそうは行かない。汗が噴き出し、

息が切れる。背負ったカメラと三脚を捨てたくなる。だんだん距離が離れ、

おいてきぼりをくいそうになった。青息吐息の中、苦しまぎれの策を考え、行く

先を予測して尾根を迂回することにした。

 小一時間も待っただろうか。汗が引いて呼吸ももどり、心地よい春を楽しめる

ようになったが、肝心の主役が来ない。そう思い通りに行くわけがない…か、と

自分を慰さめはじめたその時、足音が聞こえた。岩を登ってくる。胸が高鳴り、

緊張する。のそっと、彼女は現れた。こっちの存在を察知しているはずなのだが、

あっけなく、彼女は私の目の前に立った。しかし、顔は海を見ており、お尻を向

けたままだ。息を殺してじっと待つ。時間も風景も静止する。ヒューとひとすじ

の風が海峡を走り抜けた。瞬間、彼女は顔を風上に向け、ポーズをとった。思わ

ず切ったシャッター音が風にさらわれ、春にのみこまれた。この日は、写真を

撮ったというより撮らされてしまったが、妙な満足感が残った。

 気がつくと、足元のツツジがいっそう鮮やかになり、彼女に負けまいと威張っていた。

***************

いそやまたかゆき

 2000/5/1

もどる