「新しい命」

下北半島の春は、各地の桜が散りはじめた頃からはじまる。茶褐色の山々の

あちらこちらにコブシの白い花が咲き、日当たりのいい斜面のブナが芽吹い

て春の色が増してくる。

 雲の切れ間から、暖かな春の陽光が差し込んできた。それまで、母親の胸

に抱かれ、気持ちよさそうに眠っていたアカンボがゆっくり這い出し、かた

わらの古い木に登り始めた。母親はしばらくようすを伺っていたが、大丈夫

だと考えたのか、少し離れて、芽吹いたばかりのイタヤカエデの葉をほおば

りはじめた。

 木の高さは50センチそこそこだが、アカンボからみると、身の丈を越え

る大木である。おそらく初めての挑戦であろう。途中の二本の枝に手と足を

かけ、懸命に頂上を目指している。手はともかく、足の指使いはまったく

おぼつかない。無理もない。生後一ヶ月である。予想どおりてっぺんには

上がれず、結局、地面に落ちてひっくりかえってしまった。母親はちらっ

と一瞥したが、さして気にとめる素振りも見せず、採食の手を休めない。

 アカンボは、しばらくカメのように手足をバタバタさせていたが、自力

でようやく起き上がり、また登り、今度は枝をかじりはじめた。そろそろ

歯がむずむずしてきたのかもわからないが、単純に、木登りに飽きて、興

味が枝に夢中になっている。あまりにもこちらを無視しているので、ちょ

っといじわるをしてやろうと思い、カメラを構えて、ひと声掛けた。

 本当の一瞬だけ視線をよこしたが、すぐまた、無視された。まもなく、

満腹になった母親が戻り、無造作に片手でアカンボをつかみ、お腹に抱え

込んで、そのままさっさと行ってしまった。アカンボの両手、両脚の指は

しっかり母親の脇腹の手を握りしめていた。

森の中は、新しい命の鼓動で、本格的な春を迎える。

                             

***************

いそやまたかゆき

 2000/3/1

もどる