「自立」

 あっという間の秋も終わり、冬の気配が忍び寄ってくる季節になった。村のあちらこちら

のエントツからは、暖かそうな煙が上がっている。脇野沢村は漁村であると同時に山林を

背後に控えているので、昔から薪を利用したストーブが多く、今でも石油ストーブよりも

人気が高い。また、薪の方が体の芯まで暖まるということもあり、実用面でも実証されている。

その差は、ステーキを焼く時に、炭火を使って柔らかく焼けるのを想像していただけば、

理解していただけると思う。

 さて、12月になると初雪の季節でもあるが、春に生まれたアカンボウにとっては一番

大変な時期にもなる。もちろん、母親は寒さなどからわが子を守る行動をとるが、基本は

「自分のことは自分でしなさい」を実践する態度で接する。

例えば、生後まもなくのよちよち歩きのアカンボウが、傍らの木に興味を示して木登りを

始めても、母親は無関心を装う。こどもが苦労していても構わず、ひたすら見守り続ける

。アカンボウが木から落ち、悲鳴を上げても、まだ、じっと様子を見る。そして、さらに

声が高くなると、始めて手を差し伸べて介添えをする。観察していると、母親は、ぎりぎ

りまで我慢している様に見受けられる。いい意味での放任主義で、こども自身の「自立」

を待っているのである。自分で転んだら自分で起きろ、と、目で伝えているのである。

 私たち人間社会で、急速に失われつつある心の強いつながりが、かれらの世界に定着し

ているような気がする。

 母親とアカンボウ。こどもが自立して大きくなっても、いざとなれば寄り添い、かばい

あう姿を、私たちは少し見習ってもいいのではないか、と思うこの頃である。

   

いそやま・たかゆき

戻る


TAKAYUKI.ISOYAMA 1997