「暑い夏の日」

 

 今年の夏の前半は暑く、下北半島でも、35℃近く気温が上がった日も多かった。

関東以南に住んでおられる方は、たった35度か、とバカにされるであろうが、何しろ、

世界で最も北に住むサルが生息している地域であります。サルばかりでなく、私たち人間

も寒冷地仕様になっておりますので、とくに、気温が高い昼間はバテバテでした。

もちろん、そんな時、利口なサル達は、さっさと涼しいスギ林に逃げ込んで、たっぷりと

気持ちのいい「昼寝」をむさぼっています。

 さて、そこで、カモシカはどうしているか、と言いますと、実は、彼らも暑さには

めっぽう弱く、サル以上に活動を停止しております。

昼間、観察に行っても、まず姿を見かける事はなく、ほとんどのカモシカが、休息したり

駄眠(おっと、彼らには無駄、という言葉はありません。失礼)をむさぼっているのが関

の山です。もっとも、彼らの睡眠は夜だけと言うことではなく、採食-反すう-休息-睡眠

というリズムの連続で、昼夜を問わず、これが何度か繰り返されます。

ですから、夏に限らず、昼間に眠る事はありますが、気温が高い夏は、その時間が、

休息を含めて3〜4時間という事も珍しくありません。

従って、この時期、写真を撮影していると、2、3枚シャターを切って、そのまま何時間

も、カモシカに付き合って、居眠りをしたことがあります。ただ、残念ながら、周りを

飛び交う「蚊」が眠り込ましてはくれませんでしたが…。

 この時期、沢や海で、脚を水中に着けたまま、じっと動かないカモシカを見かけます。

いかにも気持ち良さそうで、おもわず、こどもの頃、庭先で「行水」をした事を思い出し

ました。周りに「ヨシズ」でも立て掛けてやれば、風情が増すのでしょうが、そこはカモ

シカの世界。我に返り、そっとシャッターを切って、帰路に着きました。

 暑い夏の日、活動しているのは、人間ばかり…。

 

 いそやまたかゆき

戻る


TAKAYUKI.ISOYAMA 1997